キャリコリュウキンの飼い方、育て方

金魚の飼い方・金魚の飼育・金魚の育て方 TOP

キャリコリュウキン(きゃりこ)は、丸みを帯びたおなかを持ち、ずんぐりとしており、ヒレが優雅(ゆうが)な種類(しゅるい)の金魚です。
キャリコリュウキンの名前の由来(ゆらい)は、当初、琉球(りゅうきゅう)から伝わった金魚ということからきているといわれています。
キャリコは、ワキンの突然変異(とつぜんへんい)から今のような姿に固定されたといい、体高が高く体長が短い金魚のため、頭部が極端(きょくたん)に小さい印象(いんしょう)を受ける金魚です。
リュウキンの中で、赤や青、紫、黄、白などが混じるリュウキンをキャリコリュウキンとして扱われます。
尾のタイプは、三つ尾と四つ尾があり、泳ぎが比較的ゆっくりとしており、様々なもようのある金魚です。


金魚の種類
ワキン | シュブンキン | ランチュウ | アズマニシキ | トサキン | リュウキン
キャリコ琉金 | オランダシシガシラ | タンチョウ | コメット | 出目金
金魚の飼い方・金魚の飼育・金魚の育て方/キンギョ・きんぎょ

金魚の飼い方・金魚の飼育・金魚の育て方