金魚の飼い方・金魚の飼育・金魚の育て方/キンギョ・きんぎょ

金魚の飼い方・金魚の飼育と育て方

金魚(キンギョ)は、春になると産卵(さんらん)のじゅんびをはじめますので、金魚(きんぎょ)が卵(たまご)をうみつけるためのシュロや水草(みずくさ)を水槽(すいそう)にいれてあげます。
産卵は、朝の早い時間帯に1〜2時間程度かけて行いますが、卵を水槽内にそのまま放置しておくと、親の金魚に食べられてしまいますので、早めに別の水槽に移します。
金魚の卵は約1週間で孵化します。孵化した金魚の稚魚は、水槽のふちにくっつき、2〜3日で泳ぎはじめます。この状態になったら、エサを与えます。
金魚の稚魚に与えるエサは、卵の黄身又は市販されている稚魚のエサ、もしくはメダカのエサを指で細かくつぶして食べ残さない程度に数回与えます。
飼育水は親と同じですが、藻や水草が有ると成長が早いといわれています。
水換えをするときは孵化後20日以上経ってから行いましょう。

金魚(キンギョ)の産卵・孵化・稚魚の飼育法


金魚の飼い方・金魚の飼育・金魚の育て方 TOP
 
Web kingyo.paint-box.net

産卵と稚魚の育て方 | オスとメスの見分け方 | 金魚の種類
金魚の飼い方 | 水の換え方 | 春の迎え方 | 冬の過ごし方 | 金魚の餌
金魚の飼育
水草と金魚の関係 | 金魚の病気